お金の借り方【銀行|即日振込】

お金の借り方「やさしいQ&A」銀行でお金を借りる方法から即日振込でお金を借りる方法とは?
MENU

銀行からお金を借りる

銀行からお金を借りる方法は使用用途や目的によっていくつか種類があります。 例えば【住宅を購入する】・【車を購入する】といったように使用目的があらかじめ決まっている場合

⇒目的ローンへの申込

【欲しいものがある】・【急な出費が見込まれる】等、借入時に使用用途を限定せず自分で自由に使いたい場合

⇒カードローン・フリーローンへの申込


銀行借入の審査について

目的ローンでの申込の場合、カードローンやフリーローンに比べて借入額が大きくなるので手続きや審査に時間がかかりますが 審査に通れば他のローンより低金利で借入ができます。 (審査が通らない場合には、再度条件を見直して審査に通りやすそうな銀行を選びなおします) 反対にカードローンやフリーローンは、同じ銀行からの借入でも、目的別ローンと比べると手続きや審査などにおいては、目的別ローンほどの時間はかからずに進めることができるのが特徴です。 ただし、目的ローンに比べて金利が高めの設定となっています。
使用目的が決まっている、あるいは借入金額が大口であればもちろん目的ローンのご利用をお勧めしますが、短期借入の場合などそれ以外の方はカードローンがお勧めですよ。

銀行でのお金の借り方 参考サイト

http://xn--t8jvdvdu35mbuwlm7bj6nejb.com/

銀行のカードローンについて

銀行からのお金の借り入れ方法として思い浮かぶ銀行ローンには、マイカーローン(自動車ローン、カーローン)、マイホームローン(住宅ローン)、リフォームローン、教育ローン、トラベルローンなどたくさんの種類がありますが、そのなかでも利便性が高く日常的に利用しやすいのが賢いお金の借り方でもある銀行カードローンです。 ここでは、銀行からお金を借りる方法としてお勧めの銀行カードローンについてや、契約をしたあとに実際にお金を借りる(お金を引き出す)方法など、今すぐに役立つ銀行からお金を借りる方法について、お伝えしていきます。

まずカードローンとフリーローンの違いですがカードローンは使用目的が自由で決められた限度額内だったら何度でも反復利用が可能です。 フリーローンは個人利用の場合事業性資金を除くあらゆる用途に利用することができる証書貸付方式のローンです。 どういうことかというとフリーローンは一定額を借りたらあとは、返済のみとなり何度でも借入ができるというものではありません。 金利的にはフリーローンの方が低めの設定になっていますが、必要な金額のみを繰り返し借入できるカードローンのほうが利便性が高いといえます。

現在カードローンは多くの銀行で取り扱いがあります。 商品がたくさんあるのでそれぞれの商品に異なった特色があります。 申込手続きが簡素化されているものや他行より低金利で借入ができるもの、ATMの利用手数料がかからないもの等様々です。 もちろんニーズに合ったものを選ばれるのが一番良いと思いますが、今現在メインバンクで使われている銀行を選ぶのも手だと思います。 なお、利用開始時にその銀行の普通預金口座があることが条件となっていることもあるので、すでに使用されている銀行でしたらさらにスムーズに 手続き等を進めることも可能です。

例えばイオン銀行はイオン銀行の口座があればスムーズな借入も可能です。 一言に銀行からお金を借りると言っても方法がいくつかありますので返済までを視野に入れ一番利用しやすいものを選ぶようにしましょう。

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行からお金を借りる方法として代表的な銀行カードローンとは、クレジットカードやキャッシュカードを使って、あらかじめ契約をした金額の範囲内で、繰り返し自由にお金を借りることができる銀行ローンのことをさします。 一般的に、借りたお金の返済は“借入金額の一括払い返済”ではなく、“リボルビング払い(分割払い)返済”となりますので、返済の際にも返済額が膨らまないため負担が少ないのが特徴です。 また、銀行ならではの多くのメリットがあります。
※これからは個人向けのサービスです。起業されている方などは、事業主向けローンをご検討ください。

銀行カードローンのメリット

・銀行ならではの低金利で金利が安い分だけ負担が少ない
・銀行ならではのご利用限度額の多さで高額融資も可能
・銀行ということで安全性が高く借入できる
・利用限度額の範囲内で、何度でもご利用いただけるので利便性が高い
・全国各地の店舗ATM、提携のコンビニATMなどで、いつでもお気軽にご利用可能なのでお金を借りやすい
・テレビ窓口なら、カードの受け取りが土日祝日もOKなので週末でもお金を借りられる
※曜日や時間にとらわれずに、急いでキャッシングしたい場合にも、便利ご利用いただけます。

銀行カードローンのデメリット

・消費者金融と比べて審査に時間がかかる
・消費者金融とくらべて審査が厳しい
・審査に自信がない人(銀行からお金を借りれない人)にとっては不向き

契約申し込み→お金を借りるまでの流れ

契約申し込みをする
契約申し込み受理&審査開始
審査
審査結果連絡&融資開始可能
お金の借り入れ(お金の引き出し)
契約申し込みの方法として人気があるのが、来店不要でスマホ、パソコン、ケータイ等から24時間365日いつでも申し込めるインターネット申込です。 店頭窓口や店舗窓口まで足を運ぶ必要がないので、移動の手間もかかりませんし、何よりも、キャッシングの申込をしている姿を家族や親兄弟、友人知人、会社の同僚などに見られてしまう心配がないので、安心して利用できます。 また、契約手続き自体もスマホアプリで必要書類の提出をしたり、FAXで本人確認書類や収入証明書を送ったり…といったこともできるので、誰にもバレずにお金を借りたり、人に会わずに契約できるのもありがたいです。

契約の申し込み方法
銀行でお金を借りたい方法で重要なのが、契約申し込み方法です。 いくら審査が早くても、契約申し込み自体が面倒で時間がかかったり、審査が通らないのでは意味がありません。 その点、銀行からお金を借りる際の契約のお申し込み方法は、インターネット申し込みや、店頭、自動契約機、電話、FAXなど、さまざまな方法がありますので、ご都合の良い方法をお選びいただけます。

また、インターネット申し込みなら、来店不要なのでお金を借りているところを家族や友人などに目撃されることもなく安心です。 インターネット申し込みでは24時間365日契約申し込み受付を行っているので、便利で気軽なお申し込み方法として、お勧めです。

さらに、即日融資をご希望の場合には、事前にインターネット契約申し込みをしたうえで電話連絡をすると、時間短縮にてお早い審査へと進めることもできます。 インターネット申し込みで契約を済ませ、お時間がある際に、自動契約機でキャッシング専用カードだけを受け取ったりもできるので、たいへん便利です。

お金を借りる方法(お金を引き出す方法)
店舗ATM(店舗銀行ATM)、提携コンビニATM、提携銀行ATM、そのほか提携ATMで、どこでもいつでも便利にお借り入れ可能です。 全国の店舗(銀行)、店舗ATM、提携銀行ATM、提携コンビニATM、そのほか提携ATMなど、コンビ二なら24時間365日お気軽に、お金の借り入れが可能です。

銀行でお金を借りる〜Q&Aコーナー〜

審査なし、即日融資でお金を借りる方法

審査なしでお金を借りる方法といえば、やはり親や友人から借りるのがいちばんです。 審査といったかたちを取らないので、無職であっても借りられますしヘタなテクニックも必要ないので、ある意味、過去の付き合いからくる信頼関係によって判断してもらえるので、即日融資も可能かもしれません。 ただ、親兄弟や友人知人などからお金を借りると、人間関係が崩れるもとにもなりやすいこともあって、後腐れなく借入するなら身近な人を巻き込まずに借りれるほうが良さそうです。 即日融資でお金を借りるなら、金融庁の指導の下、しっかりとした基準にのとっている大手銀行グループの消費者金融がベスト! スマホ、パソコン、ケータイから24時間365日いつでもインターネット申込できるので、申込み段階での時間のロスもないですし、本人確認書類や所得証明書の提出もWEBアップロードやFAX送信対応可能なので、来店不要で手続きできるのも良い点です。 大手消費者金融であれば、審査回答最短30分や最短1時間融資など審査スピードも速く、即日借入にはもってこいです。 銀行のほうが金利が安いから良い!とよく言われますが、一時的にお金を作るのであれば、多少の金利の差も気になりませんし、審査の面でいうと多くの借入方法のなかでも審査が厳しい銀行からの借入と比べて、借入できる可能性も高いので、審査面、即日借入の面からいっても、安心安全の大手消費者金融の利用がおすすめです。

銀行系など代表的な大手消費者金融とは
・三井住友銀行グループのプロミス
・三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
・三井住友銀行グループのSMBCモビット
・東証一部上場のアイフル

これらは大手企業なので、口コミでもしっかりと実際に利用しているユーザーの情報を拾えることもあって、借入前の不安も解消できる点がおすすめ要素です。 なお、郵便局のゆうちょ銀行をはじめ、銀行からの借入の場合は、まず審査なしで借りるのは難しいのでご注意ください。

学生がお金を借りる方法

学生がお金を借りる方法にはいくつかありますが、便利なカードローンでお金を借りるには年齢が重要となってきます。 というのも、満20歳になる前の19歳のうちは、年齢制限によって借入どころか申込自体ができないのです。 では、カードローンキャッシングの場合には、どういった学生がお金を借りれるのか?というと、満20歳以上で安定した一定の収入がある学生さんが、お金を借りることができるのです。 なお、ここでいうところの安定した一定の収入とは、正社員でバリバリ働いていることではなく、アルバイトやパートでも構わないから、一定の金額をきちんと稼ぎ続けていることが重要なのです。 一方で、18歳や19歳など、満20歳に満たなくて年齢でアウトになってしまう学生の方は、学生ローンでお金を借りましょう。 こちらは学生専用に設けられたローンなので、20歳を超えていない!という理由で断られることはありません。※別途、借入先によって申込条件などは異なります ただし、基準を満たさずに審査が通らないこともあるので、その点はご注意ください。 また、学生であれば、条件が合えば国の教育ローンを受けることもできますので、市役所などで必要書類をそろえて申し込みをしましょう!

このページの先頭へ